研究倫理審査
「研究倫理審査」のお知らせ

 近年、手術室看護師の研究活動は活発に行われてきており、医療(看護)における研究は倫理委員会審査が原則になっています。特に、手術室看護師は、麻酔や手術により生命の危機的状況にある患者を看護の対象としており、研究においては倫理的配慮が求められます。多くの施設で倫理審査委員会が設置されていますが、一部の手術室看護師は、倫理審査委員会がない施設で研究に取り組んでいます。そこで、本学会会員の研究活動を支援するために倫理審査委員会を立ち上げ、2014年度から申請を開始しました。
 本学会の倫理審査委員会は会員が実施する研究を対象として審査するものであり、会員が所属する施設に研究倫理審査委員会がない場合等に、倫理審査を実施いたします。
 会員の皆様には、研究における倫理的配慮を理解し研究に取り組んでいただき、その研究結果を学会発表や論文投稿により、手術看護の質向上に貢献されることを期待しております。




本学会会員からの研究計画書を審査いたします。 随時受け付けておりますので、
ご希望の方は申請してください。申請に関しては学会事務局までお問合せください。
詳細はこちら

倫理審査委員会規程 PDF
倫理審査様式第1~8号

参考資料

1. 日本看護協会:看護研究における倫理指針,2004.
2. 文部科学省・厚生労働省:人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(2017年2月28日一部改正)






日本手術看護学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7 本郷三宝ビル4階  TEL:03-3813-0485 FAX:03-3813-0539 E-mail:kaiin-1@jona.gr.jp