手術看護の質評価
手術看護の質評価

日本手術看護学会は手術看護の質の向上を目的とし、2015年より本学会独自の「手術看護の質の評価指標」の作成を重点項目の一つとして掲げ、プロジェクトとして取り組んできました。

その経過は、2015年の第29回年次大会において、評価指標{第1領域:個別看護ケアに関わる領域、第2領域:看護組織(管理)に関わる領域、第3領域:安全(インシデント防止)に関わる領域、第4領域:手術部組織運営に関わる領域}を発表しました。
その後、2016年の第30回年次大会において、領域名の変更(第2領域名を看護管理に関わる領域、第3領域名を安全管理に関する領域とした)と、すべての領域での指標の見直しや新たに追加した内容を「評価指標マトリックス」として発表しました。
そして、2017年の第31回年次大会において,「評価指標マトリックス」を現場で効率的に運用できるように「評価指標入力票」を新たに作成し発表しました。

会員の皆様には長い間お待ちいただきましたが、「評価指標マトリックス表」と「評価指標入力票<ver.1>」を掲載しましたので、会員専用ページにアクセスしてください。
まだまだ改良の余地はありますが、多くの方に試用され、今後皆様のご意見をもとに手術看護のベンチマークとなるシステム構築を目指したいと考えております。



「会員専用ページ」から「手術看護の質評価」にアクセスしてください。



日本手術看護学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7 本郷三宝ビル4階  TEL:03-3813-0485 FAX:03-3813-0539 E-mail:kaiin-1@jona.gr.jp