出版物



手術室看護師の「臨床実践能力の習熟度段階」(クリニカルラダー)2020年改訂版


クリニカルラダーの活用方法<JONA Webセミナー> 配信中


本書は、2011年改訂版のラダーの枠組みや評価項目および運用方法の見直し、各ラダーと日本看護協会版『看護師のクリニカルラダー』との整合性を図り、臨床実践で活用しやすいことを重視し、編さんしました。
本書と合わせて、Webセミナーの「活用方法」を視聴し、人材育成にご活用ください。


■[監修]日本手術看護学会

■[編集]日本手術看護学会クリニカルラダープロジェクト

■ A4判・150頁 2017年 定価:本体3,500円+税

■ A4判・54頁・2020年発行・定価:2,000円(税込、送料別)
クリニカルラダー評価表CD-ROM付


目次

  はじめに
  第Ⅰ章 手術室看護師クリニカルラダー(日本手術看護学会版)の活用にあたって
  第Ⅱ章 手術室看護師のクリニカルラダー(日本手術看護学会版)の活用方法
  第Ⅲ章 手術室看護師のクリニカルラダーの評価の概要
  第Ⅳ章 手術室看護師のクリニカルラダーの実践例
  第Ⅴ章 手術室看護師のクリニカルラダー一覧
  クリニカルラダー評価表(CD-ROM)


<2020年改訂版の主な特徴>

全国の手術医療・手術看護に携わる看護師を対象としました。
手術看護の質の担保および保証する上で、全国標準指標としました。
日本看護協会版「看護師のクリニカルラダー」の看護実践能力の核となる4つの力(意思決定を支える力、ニーズをとらえる力、協働する力、ケアする力)を手術看護の実践能力と照らし合わせ、手術看護の専門性と独自性を組み込みました。さらに、組織役割遂行能力としてマネジメント・リスクマネジメント、そして研究・教育能力、倫理・社会性については独自に作成し、項目のレベルごとに行動目標を設定しました。
手術室看護の専門性や独自性については、手術室看護師に必要な能力を帰納的に抽出したあと、文献や既存のガイドライン(日本看護協会看護業務基準、手術看護業務基準、日本看護協会継続教育の基準ver.2、新人看護職員研修ガイドライン)との照合を行い、評価項目及び評価内容に組み込みました。
手術医療に携わる手術看護師の働く場の違いや背景・経験の違いなど、多様な人材を育成する現状、さらに、手術看護から周術期看護への転換を図る時代において、より質の高い手術室看護師の育成を鑑み、ブルームの教育目標分類学やベナー看護論、日本看護協会クリニカルラダーなどを参考に、段階を設定しました。
評価する際に、評価内容のイメージができるように実践事例を添付しました。
ラダーレベルは、日本看護協会クリニカルラダー5段階と照合し、レベルⅢは日本手術看護学会認定である、手術看護実践指導看護師に位置付け、レベルⅣは日本看護協会認定である、手術看護認定看護師に位置づけました。
クリニカルラダーの運用及び評価については、新たに評価段階とレベルの認定方法、中途採用者及び病棟などからの異動者に対し、具体的な評価方法を明示しました。
各施設の理念から目指す看護師像を想定し自施設のラダーを作成する際に、手術看護の専門性や独自性の内容を組み込んで作成できるようにCD-ROMを添付しました。


申込について

購入をご希望の方は、申込書(Word形式、またはPDF形式)に必要事項を明記の上、学会事務局にFAXか E-mail:kaiin-2@jona.gr.jp に申込書を添付の上、お送りください。
それ以外の場合(ファイル共有、画像添付など)は、お受付けいたしかねる場合がございます。
申込書受付後、振込取扱票を送付しますので、代金をお振り込みください。
お振り込み確認後、1週間ほどで発送致します。(年末年始を除く)


◎書店のみなさまへ
 当出版物は、こちらのサイトでのみご購入いただけます。 定価販売となります。





日本手術看護学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7
本郷三宝ビル4階
TEL:03-3813-0485 FAX:03-3813-0539
E-mail:kaiin-1@jona.gr.jp


日本手術看護学会事務局


〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7
本郷三宝ビル4階
TEL:03-3813-0485 FAX:03-3813-0539
E-mail:kaiin-1@jona.gr.jp


Site Map

ポリシー  ● リンク

Copyright © Japan periOperative Nursing Academy, All Rights Reserved.